世界農業遺産『国東半島・宇佐の農林水産循環』について

農耕文化・食文化

受け継がれる農耕文化・食文化

かつて国東半島は、両子山系から放射状に延びる谷筋に沿って成立した武蔵むさし来縄くなわ国東くにさき田染たしぶ安岐あき伊美いみの6つのごう、いわゆる六郷と呼ばれていました。
九州最大の荘園領主であった宇佐八幡宮(国宝)とその神宮寺の弥勒寺みろくじの僧が開いた寺院群による神仏習合しんぶつしゅうごうの「六郷満山文化ろくごうまんざんぶんか」が華開いたことでも知られ、農耕にまつわる民俗行事や食文化が今も継承されています。

御神幸〔宇佐市〕
御神幸祭ごしんこうさい〔宇佐市〕
峯入り行〔国東半島〕
雨引あまびき社〔豊後高田市〕
ケベス祭り〔国東市〕
ケベス祭り〔国東市〕
御田植祭〔豊後高田市〕
御田植祭〔豊後高田市〕

国東半島・宇佐地域には、宇佐八幡宮と関係の深い天台宗寺院群が多数存在し、農業に関係する特徴ある祭礼が今もなお残っています。

修正鬼会しゅじょうおにえ/〔豊後高田市・国東市〕
前年の収穫に感謝し、新年の豊作を祈る農耕儀礼で、豊後高田市の「天念寺てんねんじ」、国東市の「岩戸寺いわとじ」「成仏寺じょうぶつじ」で行われています。大松明おおだいが奉献され、僧侶による法要や鬼の舞踊が行われます。(国指定重要無形民俗文化財)
修正鬼会/〔豊後高田市・国東市〕
どぶろく祭り〔杵築市〕
氏子たちによって仕込まれたどぶろくを氏神に捧げ、水稲の収穫を感謝する白鬚田原しらひげたはら神社の祭礼です。氏子中心の祭祀組織と行事を継承しているといわれ、710年から1300年以上も続いています。
どぶろく祭り〔杵築市〕
古代の地方行政の単位
荘園
奈良時代から戦国時代まで存続した、貴族・寺社の大土地所有の形態
神仏習合
神道信仰と仏教信仰とを融合調和すること

郷土料理の数々

地域で採れる旬の農林水産物を活用した郷土料理が数多くあり、各家庭や地域の農村女性などが営む飲食(郷土料理)店で提供されています。
農村女性のグループは、郷土料理の伝承だけでなく地域産品を活用した新メニューの開発など、地域文化の継承や都市との交流を通して地域の活性化を図っています。

だんご汁〔全域〕
季節の野菜と小麦粉を練ってのばした団子を煮込み、味噌で味付けした、大分県を代表する郷土料理です。米が貴重だった頃の庶民の料理として今も親しまれています。
だんご汁〔全域〕
みとりおこわ〔全域〕
「みとり豆」はマメ科の植物でササゲの一種です。アズキに比べて色が黒く、煮くずれしないため、アズキの代用品として仏事や地域の祭礼のご馳走として食べられています。
みとりおこわ〔全域〕
いもきり〔姫島村〕
サツマイモ粉と小麦粉で作った麺に、乾しいたけと新鮮な魚のあらでとっただし汁をかけて食べる漁村の郷土料理。水田面積が狭小な沿岸部を中心に広まった庶民の日常食です。
いもきり〔姫島村〕
うれしの〔国東半島〕
醤油とゴマに漬けた鯛などの白身魚をご飯にのせ、お茶をかけて食べます。杵築藩の殿様の大好物で、「嬉しいのう」と言ったことから「うれしの」と呼ばれるようになりました。
うれしの〔国東半島〕