世界農業遺産『国東半島・宇佐の農林水産循環』について

認証制度とは

国東半島宇佐地域世界農業遺産地域ブランド認証制度とは

世界農業遺産に認定された国東半島・宇佐の農業システムが、未来に亘って保全・発展していくよう、認定6市町村(豊後高田市、杵築市、宇佐市、国東市、姫島村、日出町)で生産される農林水産物やその加工品を推進協議会が認証品として定め、地域ブランド商品として広く情報発信していく制度です。

推進協議会認証品について

推進協議会が独自に定める生産方法や品質基準等をクリアーしたクオリティーの高い商品となっています。
認証品は、当地域の世界農業遺産申請のコンセプト「クヌギ林とため池がつなぐ農林水産循環」に最もなじみの深い『乾しいたけ』と、日本で唯一の産地から編み出される『シチトウイ加工品』に加え、平成27年3月に『米』を追加したところです。今後も新たな品目について、地域からの要望を踏まえながら基準づくりを検討してまいります。

認証マークについて

国東半島宇佐地域世界農業遺産のシンボルマークをあしらった協議会認証品を示す認証マークです。それぞれ3種類(縦長、横長、四角形)を定めましたので、個々の商品や化粧箱等の用途に応じてお選びいただけます。なお、ご使用に当たって、各認証マークには最小の規格を定めています。

認証マーク

お問い合わせ

下記をクリックすると認証要領や品質基準等をご覧いただけますが、何かお尋ねがありましたら、こちらまでご連絡ください。

認証品目 乾しいたけ
担当窓口 大分県農林水産部林産振興室
電話番号 097-506-3834
認証品目 シチトウイ加工品
担当窓口 大分県農林水産部園芸振興室
電話番号 097-506-3655
認証品目
担当窓口 大分県農林水産部農地活用・集落営農課
電話番号 097-506-3595